『Live Happy』『スライト・エッジ』習慣を身に着けよう!

ポジティブ心理学の科学から出るパワフルな情報を、待ち望んでいる人々に届けるページです。

生き方上手


f:id:tsukasa-tsuji:20210625055437j:image

 

ジョセフ・マーフィー「心の法則」

第1章 無限の力の源泉・潜在意識

マーフィーの言葉 13
 
『世の中には幸福も不幸もありません。あるのは思いの違いだけです。』

マーフィーが人類史上最大と言われる大きな貢献をしたのは、すべての人に科学で説明できる次元を超えた力があることを示しただけでなく、その力を引き出し、活用する正しい方法を見出したことです。

その方法とはひたすら思い、願い続ける。

それだけです。

マーフィーの言葉の真意は、強い願望はただちに行動を促すということでもあるのです。

あの人は生まれつき頭がいい。それにひきかえ自分は頭が悪い。そう、思ったことはないでしょうか。

それはまったく思い違いです。

「天才と凡人の差は、遺伝子レベルでは誤差範囲内程度でしかない」。

DNAの解読が進んだ結果、こうしたこともわかってきました。

生まれ持った力を思いどおりに花咲かせるか、しぼんだままで終わらせてしまうか。

そのカギを握っているのはその人の思いなのです。

この事実を証明しているのが一卵性双生児の生涯です。

科学的には、一卵性双生児はまったく同じ遺伝子情報を持っています。

ところが、これまで、まったく同じ人生を歩んだ一卵性双生児はいないのです。

中には、一人は精神的にも物質的にも豊かさと繁栄に満たされた人生を送り、もう一人は破綻と破滅の人生を突き進んだという例さえあります。

「思いは天国をつくり出すことも、地獄をつくり出すこともできる」。

イギリスの詩人ジョン・ミルトンもこう言っています。

二人の運命を大きく分けたのは、二人がどんな思いを持って生きてきたか、その一点です。

言葉を変えれば、潜在意識の力をどのように使いこなしてきたか。

それが幸・不幸を分けるのです。

私については、これまで、願ったことはほとんど実現されてきました。

比較的恵まれた家庭環境に育ったことが、実現をバックアップしてくれたのだと思っていました。

しかし、マーフィーとの出会いにより、それだけではないと気づきました。

いまでは、私はいつも、自分を向上させることに強い思いを抱いていて、知らないうちに、潜在意識の力を私なりに使いこなしてきたのだと思っています。

もちろん、私の人生はまだまだ途上にあります。

さらに強い思いで潜在意識に働きかけ、人生をあらゆる意味で向上させていきたい。

これがいま、私の最も大きな願望です。
 
 
#伝えかたが重要 #生き方上手 #いきいきと生きる #HappinessFirst #ホテイアオイ広場 #幸せの秘訣 #ありきたりなことをきちんとやる #生き方を決めるのは自分 #Thinkpartners

生き方上手


f:id:tsukasa-tsuji:20210624055945j:image

 

ジョセフ・マーフィー「心の法則」
 
第1章 無限の力の源泉・潜在意識
 
マーフィーの言葉 12
 
『成功の法則は、人類に進歩と繁栄をもたらした大宇宙の法則です。』

意識は二層になっており、顕在意識の内奥に潜在意識があることを発見したのは、十九世紀の精神分析学者フロイトです。
それから半世紀ほど後、マフィーは、潜在意識には願望を実現する強い力があることを発見しました。
潜在意識の発見、そして潜在意識に無限のエネルギーがあることを発見したことは、人類史上、最大の発見と言われています。

私はそれまで、さまざまな自己啓発のテクノロジー成功哲学を学んでいましたが、マーフィーを知ってから、それらのテクノロジーや哲学は例外なく、マーフィーが発見した潜在意識の法則にのっとっているのだ、と改めて気づきました。

言うまでもないことですが、さまざまな自己啓発セミナーや成功哲学がムダだと言っているわけではありません。

マーフィーを基盤にさまざまな成功哲学を活用すると、よりいっそう理解しやすく、効果も格段に上がるのです。

マーフィーはあらゆる人生哲学の基盤をなす真理であり、他の教えはより実践的なものだといえば、理解しやすいのではないでしょうか。

エジソンアインシュタイン、歴史をさらにさかのぼればダ・ヴィンチゲーテ、カントなど人類の歴史を大きく進めることに貢献してきた成功者たち。

こうした人々の伝記や日記を読むと、彼らはまさしく、マーフィーの言葉の体現者であったとわかります。

彼らに共通しているのは、強い目的意識を持っていたこと。

そして、「必ず実現する。到達できる」と信念と言えるほどの確信を抱いていたことです。

鉄鋼王アンドリュー・カーネギーや自動車王ヘンリー・フォードも、成功するためには成功を強く願うことが大事だと知っていました。

ヘンリー・フォードは「できると考えたにせよ、できないと考えたにせよ、それはどちらも正しいのである。なぜなら、いずれの場合も考えたとおりの結果になるのだから」という言葉を残しており、明らかに、思考が現実をつくるという真理を知っていたとわかります。
 
 
#伝えかたが重要 #生き方上手 #いきいきと生きる #HappinessFirst #ホテイアオイ広場 #幸せの秘訣 #ありきたりなことをきちんとやる #生き方を決めるのは自分 #Thinkpartners

生き方上手


f:id:tsukasa-tsuji:20210623081918j:image

 

ジョセフ・マーフィー「心の法則」

第1章 無限の力の源泉・潜在意識

マーフィーの言葉 11
 
『がむしゃらな努力は必要ありません。潜在意識の力にゆだねれば、願ったことは必ず、実現します。』

私はこれまで、かなり恵まれた人生を歩んできました。

子どものころから、スポーツをやれば、絶対に強くなりたいと願い、人一倍、練習に励みました。

意思になる夢を抱いてからは、その実現に向けてハードな勉強にも励みました。

大学院では最短時間で博士号を取得しようと誓い、睡眠時間を削って勉強し、四年で博士論文を書き上げました。

歯科医院を経営するようになってからも寸暇を惜しんで仕事をし、経営者としてのスキル向上を目指してアメリカに留学。

役立ちそうなセミナー度と思えば、国内はもちろん、海外にも頻繁に飛んで行き、そのために投資したお金は膨大な額になっています。

勉強は好きなほうでしたし、目に見えて成果も上がったことに満足していました。

でも、その一方で、ときには息切れし、これ以上、がんばれないと弱音を吐きそうになることもあったのです。

当時の私は、ただ顕在意識をむち打って、懸命に努力していたためです。

自己啓発の勉強を始めてからも、私は目についたセミナーに次々参加し、手当たりしだいに本を読みました。

強い向上心を持っていたので努力は苦にならなかったのですが。

それでも、これほどがんばらなくては幸せになれねいのならば、自己啓発セミナーで教えられた発想やスキルが実を結ぶのはごく限らた人だけになる…。

その限られた人にならなくては、と自分をさらに駆り立てていき、焦燥感に追い立てられることもあったのです。

そんなある日、潜在意識の力を活用すれば、がむしゃらにがんばらなくても、願ったことはちゃんと叶うというマーフィーの言葉がすーっと降りてきて、今ではしっかり根を張っています。

それ以後も、さらに向上したいという気持ちはいっそう強まり、時間を惜しんでがんばっていますが、気持ちはそれまでとは大違いです。

努力をすることはごく自然で、気持ちの負荷はまったくありません。

冤罪意識にゆだねれば、願いは必ずかなうのだという揺るがぬ確信があり、日々は限りなく充実し、何ひとつ陰りがなく、気持ちはいつも余裕があり、豊かに満たされています。
 
 
#伝えかたが重要 #生き方上手 #いきいきと生きる #HappinessFirst #ホテイアオイ広場 #幸せの秘訣 #ありきたりなことをきちんとやる #生き方を決めるのは自分 #Thinkpartners

生き方上手


f:id:tsukasa-tsuji:20210622062119j:image

 

ジョセフ・マーフィー「心の法則」

第1章 無限の力の源泉・潜在意識

マーフィーの言葉 10
 
『誰もが、未開拓の可能性を、それも際限ないほど豊かに秘め持っています。』

すべての行動をコントロールしている脳。

近年、脳科学はめざましい進歩を遂げ、次々と新しい発見がもたらされています。

それでも、まだ脳はブラックボックス

その働きのほとんどはまだ解明されていないのです。

数百万年前、地球上に初めてヒトの祖先が登場したときから人類の進歩の歴史が始まり、いまでは宇宙にステーションを建設したり、一方では遺伝子操作を行うなど、その進歩の歴史は止まるところを知らないかのように見えます。

それでも、人は脳の機能の三%ほどしか使っていないと言われます。

残り九七%の可能性は未開拓。

まだ手をつけられないまま、使われないまま、温存されているのです。

この未開拓の脳を全開させたならば…。

どれほどのことが実現されるでしょうか。

同じことは心についても言えます。

心に関しては、解き明かされたことはあまりに少なく、ほとんどが未知の領域に属しています。

この心に刻まれた思いが様々なことを引き寄せ、実現していく、そのメカニズムはまだ深く神秘的な謎に包まれています。

この脳力と心の働きがシンクロしたとき、どれほどのことが実現されていくのか。

その可能性は無限というほかはありません。
 
 
#伝えかたが重要 #生き方上手 #いきいきと生きる #HappinessFirst #ホテイアオイ広場 #幸せの秘訣 #ありきたりなことをきちんとやる #生き方を決めるのは自分 #Thinkpartners

生き方上手


f:id:tsukasa-tsuji:20210621081200j:image

 

ジョセフ・マーフィー「心の法則」

第1章 無限の力の源泉・潜在意識

マーフィーの言葉 9
 
どんな人も、生まれながらに『勝者のDNA 』を持っています。

生命科学の進化は、生命誕生までのドラマがどれほど熾烈なものであるかを解き明かしています。

人の誕生の最初はたった一つの細胞、受精卵です。

受精卵は、一億以上もの精子のうちのたった一つの精子卵子と出会うことによって発生します。

この精子は一億以上もの精子の中で勝利を収めたたった一つ。

受精卵はまさに勝利の賜物です。

生命誕生の瞬間から、人はすでにミクロの戦いを勝ち抜いた勝者なのです。

あなたは生まれながらの勝者だという誇りと自信を持ってよいのです。

その後も、生命の奇跡のドラマは続きます。

受精したただ一つの細胞は、気が遠くなるほどの分裂を繰り返し、六〇兆もの細胞集合体になっていく。

これが一人の人間です。

一つの受精卵に込められた遺伝子情報の設計図は、地球から月までの距離の約5万倍もの長さに達すると言われます。

この世に誕生するまでにすでに、人はさながら、宇宙誕生のようなドラマを経験しているのです。

この世に誕生したときも、人はなんと無力でかよわい存在であったことでしょう。

そのときの自分といまの自分を比べれば、いまの自分は、心も体も、外面的にも、考えられないほど成長してきていることに、我がことながら驚嘆するでしょう。

さらに驚くべきことに、過去何百万年を振り返ったとき、一人として同じ人間が誕生することがなかったことです。

まったく同じ遺伝子を持つ一卵性双生児でさえ、よく似ているものの、まったく違った人間として成長していきます。

どんなに親しい間柄でも、一卵性双生児のように、まったく同じ遺伝子構造を持っていても、同じ人間にはなり得ない…。

人には、それだけ多様な可能性が備わっているのです。

その違いをつくるのは思考です。

誰もが、大宇宙の奇跡が集約した、奇跡そのものの存在であることを、万に一つの疑いもない事実として確信してください。
 
 
#伝えかたが重要 #生き方上手 #いきいきと生きる #HappinessFirst #ホテイアオイ広場 #幸せの秘訣 #ありきたりなことをきちんとやる #生き方を決めるのは自分 #Thinkpartners

生き方上手


f:id:tsukasa-tsuji:20210620090434j:image

 

ジョセフ・マーフィー「心の法則」

第1章 無限の力の源泉・潜在意識

マーフィーの言葉 8
 
『ありがとう』という言葉には、奇跡を生み出すとてつもない力があります。

人類の想像を超えたはるかな昔に起こったビックバン。

そこで誕生した宇宙がどれほどの広がりと変容を持っているか。

大宇宙では小さな星の一つにすぎない地球で起こった生命の多様多彩なドラマに思いをはせるだけでも、宇宙空間には、人知ではとうてい到達できない、無尽蔵の力が働いていることがわかるでしょう。

四十六億年前、この地球に誕生した、顕微鏡でもとらえられないほど小さな小さな最初の生命。

それからかぎりなく繰り返された淘汰と進化の歴史が重ねられ、いま、地球は豊穣の生命の星として存在しています。

その生命の一つひとつに、どれほどの深い叡智と、巧妙にして絶妙な機能が組み込まれているか。

ただ、感嘆するほかありません。

人もまた、その深い叡智と巧妙な機能をあふれるほどに満喫した存在なのです。

万余の生命の中で、人として生まれてくるのは、きわめて希有な確率でしかありません。

どれくらい、あり得ないかを示しているのが、ブッタの「盲亀浮木(もうきふぼく)」の説話です。

「大海の底に一匹の盲目の亀がいて、波の上に浮かび上がるのは一〇〇年に一度だけ…。大海には浮木が一本、流れていて、その真ん中に穴が一つあいている。一〇〇年ぶりに波の上に浮かび上がった亀はたまたまその浮木の、その穴から顔を出した…」

ブッタは、これほど有り得ないことが、この世に存在する一人ひとりの命の誕生だと言っています。

「盲亀浮木」の話を知れば、命の誕生はそれ自体、奇跡であるとわかります。

「ありがとう」の言語は、「有り難し」、つまり「有り得ない」ことが重なって与えられた、命の尊さに感謝していきましょう、という教えから生まれた言葉だと言われています。

その「ありがたい」命を与えられた一人ひとりは、この宇宙のさらなる豊穣と繁栄のために貢献する使命を背負っています。

その使命を実現するための力は、余すところなく与えられています。

一日に何度となく、「ありがとう」と口にしましょう。

言われた人はもちろん、言った人も生きること、使命達成に向けてがんばれる。

「ありがとう」はそんな力を与える言葉です。
 
 
#伝えかたが重要 #生き方上手 #いきいきと生きる #HappinessFirst #ホテイアオイ広場 #幸せの秘訣 #ありきたりなことをきちんとやる #生き方を決めるのは自分 #Thinkpartners

生き方上手


f:id:tsukasa-tsuji:20210619080405j:image

 

ジョセフ・マーフィー「心の法則」
 
第1章 無限の力の源泉・潜在意識
 
マーフィーの言葉 7
 
大自然の無限のエネルギー。潜在意識を通じて、そのエネルギーとコンタクトを取ることができます。

宇宙のはてしない壮大さ。生命の限りない豊かさ…。

人の中に存在する潜在意識にも、その無限のエネルギーと可能性が潜んでいます。

このエネルギーの存在を感知したはるか古代の人間たちは、その力を偶像化し、「神」と名付けて深く信仰してきました。

古今東西、どの文明も、絶対的な力を持つ「神」を崇め、神への絶対的な崇拝を示す壮大な神殿を築いたり、天を突くような巨大なモニュメントや、見るたびに感嘆の吐息がもれる精緻きわまりない神々の像をつくってきました。

その力を引き出したのも、「神」という名前の潜在意識だったのです。

現代に生きる私たちも潜在意識を信じ、強い思いを傾ければ、自信の人生を壮大に、精緻そのものにつくりあげていくことができるのです。

そのためには、まず、潜在意識の存在を信じ、その力を最大限に活用すれば、どんなことも可能になる。

マーフィーが語り続けたこの真理をしっかりと受け止めることです。

十八世紀のフランスの哲学者・ジャン・ジャック・ルソーは「人は二度生まれる。一度目は存在するために。二度目は生きるために」と言っています。

一度目の誕生はこの世に生を受けたとき。

二度目の誕生は、マーフィーが説く、自分に内在する奇跡の力に100%の確信を持ったその瞬間です。

そして、ルソーも言うように、二度目の誕生の瞬間から、真に生きることが始まるのだと言えるでしょう。

潜在意識の無限のエネルギーを生かすためには、はっきりとした目的意識を持つことが必要です。

どれほど力があっても、その力をどう生かすのか。

その方向性を示さなければ、力は働きようがありません。

方向性を示すのは自分自身。

眠れる獅子が覚醒するように、潜在意識が働き出します。


#伝えかたが重要 #生き方上手 #いきいきと生きる #HappinessFirst #ホテイアオイ広場 #幸せの秘訣 #ありきたりなことをきちんとやる #生き方を決めるのは自分 #Thinkpartners